スケート靴を脱ぐまえに

୨୧舞台・スケート・他 備忘録ポエム୨୧

フィギュアスケート東日本インカレ2016、男子Aクラスを観てきました

もう1年経ったんですね!?ブログ継続力ゼロのようだと悟りました…

 というわけでローカル観戦デビューから1年が経ちました。あの日初めて生で見た当時の4年生が引退し卒業していくのを見送ったと思ったのもつかの間、また新たに4年生になられた皆さんも、そろそろ最後の試合が近づいてくる季節となってしまったようです。

 (この大会の前に東京ブロックにも足を運び、ダイドードリンコデビューもしてきましたが設備がよすぎてびっくりしました!ショーで使われるだけありますね…!)

 今季も例によって自分用ゆるふわ備忘録です。

 

▼第1G▼ 

◎鈴木 元気 選手 99.42/4位

 英雄にぴったりなノーブルさ。お衣裳は昨季から持ち越しでしょうか…ベロアっぽい深緑のウエストとカフス、白くたっぷりめの袖と身頃が素敵。あと何度見ても襟がどうなっているのかわからない……。

 東京Bでのお衣裳も王子様すぎてあれはあれでだいすきでした。ストーンのきらきらラインと、かっちりめのカフスにこれもきらきら、白い襟と、それからネイビーの身頃に斜めにかかった薄い青のシフォン生地と同素材のふんわりな袖!

 冒頭3Aチャレンジが定番化してきて、でも3Aチャレンジだけに終始することなくすべてやりきる姿勢もついてきた体力もかっこいいなあと思います。3Aは痛そうな転び方でしたが、そのあとはFの抜け以外降りられていてよかったです。挨拶ではだいぶお疲れの様子…!

 なんだかいつも第一滑走のような気がする(実際ものすごい確率になりつつある)元気くん。メンタルも強くなっているのではなどと思いました。よっ切り込み隊長!

 

◎本田 宏樹 選手 88.57/11位

 そろそろメモに登場するカピバラの落書きもこなれてきました。

 お衣裳東京Bと変わらず、胴が黒地にきらきらストライプ?ライン?で、袖が柔らかい素材、濃いめのチャコールグレーのようなお色、カフスだけかっちりめの生地でグレーだったかな。襟元のストーンかなにかのきらめきがすてき。

 お名前コール後の大声援に、日大さんも明治さんに負けず劣らず声援えぐくて好き、なんて暢気に考えてからもう本田くんが4年生だからだということに思い至り勝手に切なくなりました。

 3Lz降りてグワッと盛り上がったところでお手付きかfallになってしまって惜しかった~!!ステップとフィニッシュ、やっぱり4年生だなあと思いました。体も演技も大きく見える選手。ゲティスバーグ、やはりお似合いです。とっても素敵でした。

 

◎鈴木 潤 選手 109.99/2位

 サイドだけ赤い真っ黒のジャージの背に白い「北海道大学」の文字がこの日もまぶしくてまぶしくて。リンクインしてウォームアップ、挨拶代わりのイーグルサンド2Aがなんかもう超かっこいい。まだ演技はじまってないのに!

 恥ずかしながらニューシネマパラダイスを観たことがないのですが、潤くんはトトなのかな、アルフレードなのかな、それともそうではなく概念的な演技構成なのでしょうか。デニムっぽいような黒いベストに、後ろ身頃はスパンコールのようにきらきらして見えました。グレーのボトムと柔らかそうな柄入りのシャツがとてもオシャレ!

 ステップで詰まるところがあってすこしひやりとしましたが、なんだかもうどこをどう切り取ってもじょうずで、素敵以外の言葉が見つかりません!冒頭イーグル2Aイーグルイーグルから始まり、両手タノのセカンド2Tも、イーグルからの2A1Lo2Sも、ジャンプ終わってからのイーグル大盤振る舞いまで、客席間違いなく全滅しました。

 途中で腕を組む振付があってわたしはそこで死にました…カッコヨカッタ……

 

◎佐上 凌 選手 109.56/3位

 ここから怒涛の明治さんのターン!

 先陣を切られた佐上くん、とってもとっても素晴らしかったです。東京Bで拝見して大変テンションの上がった白シャツ腕まくりデザインのお衣裳、襟の内側が黒いきらきら生地なのも相まってすっごく好みでした。そして佐上くんのこのプログラム、東京Bからこの東インカレまで自分のメモがかっこいいしか言っていない…!

 冒頭3Lz-3T\ウェーーイ!/からの大きな2Aがよかった!そして東大和を揺るがすステップパートの手拍子の大きさよ…!

 大学生の男の子がカサブランカを選び、吹っ切ってファンサをするまでにかかる時間や心境の変化など少し気になるところではございますが、もう「道」でのお花どうぞ~パートでのジャッジアピール投げキスとっても素敵でそれどころじゃない。でもその時は明大応援席のみなさんのあまりのざわつきっぷりが気になって逆にそれどころではなかったです。観客席はひゅーって感じだったのになあ!とちょっと笑いました。最後の抜けが惜しかった~!

 

◎森 望 選手 92.87/8位

 かなたくんも勿論東京Bと同じく、メインは黒で左肩と腰のあたりが赤い薔薇の模様の、ブエノスアイレスらしいセクシーなお衣裳。黒手袋大変お似合いです!そしてとにかく脚も腕もなっがい…!!!スターティングポジション、あまりのスタイルの良さにやっぱり二度見してしまいます。ピアノの音をよく捉えておられる腕の動きで一瞬にして心が摑まれました。

 見間違いかなあ、途中で社交ダンスのように腕をホールドしたツイズルのような振付があったように見えて勝手にグッっときました…。かっこいい…!西に東にとハードにダンスも頑張っておられるところ、本当に尊敬してやみません。

 東京Bでは前半ジャンプがよかったものの後半fallが重なってしまっていたので、今回soやお手付きを挟みつつもバンバン降りておられて本当に良かった。大きな大きな満場の手拍子のなかのステップがかっこよくてかっこよくて、A字スピンではまた脚の長さに驚愕して。フィニッシュの大歓声と、かなたくんのファンらしきお姉さんの「どうしちゃったの!?」という嬉しい悲鳴と、挨拶での明大応援席のみなさんへの片手ガッツポーズ、全部胸が熱くなりました!

 

◎鎌田 詩温 選手 90.96/9位

 でた鎧のようなお衣裳…!これのコンセプトが実は一番知りたい。JGPS横浜で(私の)TLを総なめにしたイケメンドア係様です。

 スターティングポジションにつくまえ、胸をこぶしでとんとんと叩いてから顔をあげておられたのが印象に残りました。

 冒頭のピアノ曲の、そのピアノのこぼれるような音色と氷を切り滑り始める音があまりにもマッチしていてこころがぎゅっとなります。まさしくときめき。

 3Lzfallから次もぬけて1Lzでうぐぐと思っていたら次の3Fの根性降りで客席にどよめきが起きました。そのあともお手付き交えつつ頑張っておられた。個人的には最後の最後、フィニッシュ直前に2Loをぶっこんでくるこのプログラムの構成にしびれます!かっこいい!

 そしてそして忘れてはならないチャカポコズンチャカサイバーカノンの最強ステップ!やっぱり今季SP・FS通じて東日本を一番沸かせる男は彼かもしれない…!!もうものすごいんですよ、手拍子と大歓声に臆しもしないスピンとステップ、間違いなく東大和の気温上げてた。

 あと全然関係ない話をしますが、東京Bでも見ていたっていうのはそうなんですが、カノンに入った瞬間それ以上の既視感があってなんだろうなと思ったら脳内で神南高校吹奏楽部がゲリラライブ始めたので納得しました。直前まで同じアレンジのカノンをコルステでなんども聴いていたというオチで、好きな世界と好きな世界がまたつながってしまったなと勝手にテンション上がりました。キャー千秋様蓬生様~!!以上余談でした、わかる方おられないだろうとは思いつつ…。

 

◎中野 耀司 選手 94.29/6位

 プリンセスモノノケ、重厚なアシタカせっ記からはじまる、力強いプログラム。昨季ずーーーっと見たかったので今季東京Bで初めて生で拝見して感動しました。心震えるカッコよさ!

 冒頭3Aぎゅるぎゅるで素人目にもすっごく惜しいfallだったように見えました。続く3Lz-2Tは高さがありました。セカンドジャンプの両手タノは今回はやっておられなかったのか、単に見逃しただけなのか…!いつものランジからのくるくる素敵。

 2本目の3Lzはfallになってしまったとはいえ、3Aチャレンジ後に2本の3Lzを入れてくる構成、攻め攻めで本当にかっこいい!もののけ姫は、歴史を織り込んだ一大叙情詩。きちんとその前提にたっている耀司くんのこの壮大なプログラムは見ていて鳥肌が立ちます。本当にいいもの拝見させていただいてるなあと思います。

 

▼第2G▼

 6練、練習を開始してくださいのアナウンスが流れる前にみんなリンクインしてしまって、再収容されていたのが今回のナンバーワンほっこりエピソードでした。がしゃーーんと檻のように重い音をたててリンクサイドのドアが閉まった途端、客席にこぼれる笑い声……(笑)

 

◎佐藤 洸彬 選手 124.82/1位

 優勝おめでとうございました!

 金色淵飾り付きで明るいオレンジのベロアっぽいアウターにベストのようなデザイン、ブラウンのボトムとお貴族様お衣裳で曲はセビリアの理髪師、今季も最強のスマイルクリエイトスケーターです。個人的にはジャケットの後ろの裾のデザインが好きでした。

 6練で降りた3A-3Tを冒頭で降り、soやお手付きはあったもののフィガロフィガロフィーガロなスピンで挽回してくれました。3Lz-2Tの両手タノすてき。でも「ヘイフィガロ!!」でジャッジの方びゅんって見るのはずるくない!?ふふってなりました。

 絶対疲れるプログラムのはずなのに、後半につれて笑顔がなくなることもなく、むしろニコニコ増しになって、操先生ワールド全開で観客の心を鷲掴んでいくんですよね。

 いつも思うけれど、ひろくんの4分半ってなんでこんなに短いのでしょうか…!

 

◎板井 郁也 選手 76・69/13位

 朝の公式練習にいらっしゃらなかったと聞いて心配しておりましたが、6練できちんと出てこられたので安心しました。

 するりと3Tを降りられて、2Aも謎軸ながら降りておられたのですがお怪我は大丈夫でしょうか…!点数はすこしさみしい感じになってしまいましたが、アランフェスじたいはとてもよかった。板井くんはなんだか赤や紫のにあう大人の男の色気が出せるイメージですが、今季もその色気そのままに進んでくれるのだろうな、と感じました。

 左脚を振り上げてからサイバーアレンジでのステップシークエンスの盛り上がりは圧巻!東ならではのヒューヒューと熱気を楽しませていただきました。

 

◎小曽根 孝浩 選手 93.62/7位

 リンクインから大・声・援!!!気のせいじゃなければ御髪にメッシュ入ってませんか!?最高よあなた!!とか言って勘違いだったらすみません

 ゆるめのラインのしっかりした暗い色のお衣裳に、前身頃は左肩から右脇腹まで斜めに、うしろでぐるりと繋がるように入ったライトブルーのリボンのようなデザインが素敵。ボトムの左腿󠄀にかけてももう一本リボン!

 医龍は詳しくありませんが澤野弘之ミュージックってどうしてすぐにわかるのでしょうかね!音が消えてから違う曲調で再開されるところが二度とも余りにらしすぎました。澤野ミュージックにのせてゆっくりと両腕をあげるスタートがやっぱり最高です。

 2Aはsoでしたが高かった!直後の3Tはとてもきれい。あとボーカル入ってからの3T-2T-2Loすっごく上がりました……!イーグルもイナも素晴らしい。小曽根くんを初めて見たのが去年のこの大会で、知るのが遅かったなあとこの日ひしひしと感じました。最後の東大和での演技になるのかな、見られてよかったです。

 

◎中島 将貴 選手 73.22/14位

 待ってました主将~!東京Bではお見かけしなかったため嬉しかったです。相変わらずオシャレ板前…そして昨季と同じお洒落なお衣裳!黒シャツも個性派ベストもおなじえんじ色のパンツも、身長ある分すらっと映えて素敵です。

 プログラムも昨季とおんなじかな、どうしても曲名が長くて覚えられないのでソフィ略と呼んでいますが(許してください)中島主将にぴったりのオッシャレ~なジャズプロが今季も聴けて観られてうれしかったです。

 最初の3Lz-2Tの高いこと高いこと!そこからは体力などもあり、なんだかいろいろ、おそらく構成の省略などもあり、スピン足りなかったりお疲れのお顔だったり、最後の方観客側にテヘペロなどなさっていましたが、終始一貫して大きな声援と喝采とヒューヒューと笑い声とで温かい4分半でした。出場してくれてありがとう。

 

◎宮田 大地 選手 95.22/5位

 肩あたりのスカイブルーから袖の濃紺、腰ではボトムとつながるぐらいの暗い青までのグラデーションに、左肩の白い羽のようなモチーフ、広がるラインストーンが綺麗。あと、大地くんってもの凄く顔が小さいことに今更気づきました!スタイルよすぎ!

 最初4Tチャレンジしておられて、結果fallではありましたがナイスチャレンジでした。ここでなぜか急に実感がわき、遅ればせながらおかえりなさいとふと。

 ちょっと転倒が多くて後半特につらそうに見えました…体力削られるんだろうなあ。ジャンプ構成中盤の3Lzがとても美しかったです。

 編曲が急につなぎ合わされてる感じを受けるためちょっとびっくりするプロですが、壮大な曲と伸びる力強いスケーティングがぴったりだと思います。いつのまにかすごーく大人っぽくなっておられたのだなあ……ラスト、曲とはズレてしまってましたが、右腕を突き上げるフィニッシュが素敵でした。

 

◎小平 渓介 選手 87.42/12位

 みんな大好き小平くんの白夜行。チョコミン党と知って勝手に少しうれしくなりました。キラキラ付き白シャツ・グレーベルト・黒ボトムにあのお顔という完璧すぎる布陣を観るのは東京B以来二度目でしたがやはり最高でした。

 ピアノの音ハメがすごくよい。バタフライからのスピンも、見せ場のハイドロも、やっぱり素敵でした。2A謎軸でしたが降りてたし、3Tも無理やりにでも堪えてセカンド1Tつけてて偉いなあという印象。「練習は裏切らなかった。/裏切るのはいつも/弱い自分の気持ちですね。。/でも試合って楽しいね」という試合直後のツイート拝見してなんだか泣きそうになりました。

 両脚の間に腕を差し入れるかたちのスピンが美!持ち上げた右手の方をみつめるラスト、指先まで美しかったです。

 

◎渡邉 直弥 選手 89.06/10位

 待ってました最終滑走。実は去年のこの大会もこの同じプログラムで同じ最終滑走だったんですよね。運命かな(?)

 6練では最初の方ずっと同じ3Sの練習を繰り返されてたのがぐっときました。そのあとは複数いろいろ試した後にキャッチフットのスピンをされてて、もう少しでビールマンというところまで上げていらして相変わらずすごかった。最後の1分コールされてから、腕を組んでコンパルのように繰り返し綺麗なトレースを描いていました。

 3Lz2ftかな、惜しかった!3S-2T、3T-2Tとってもよかった。単独3Tちょっと見えづらい位置だったんですけど即座に上がる\ウェーーーーイww/でよかったんだなあと(笑)。東のテンション大好きです。繰り返し練習されてたところは2Sだったでしょうか、そこからの片足持ってのスパイラルはさすが、圧巻!

 3連と個人的に好きなラストの2Aが決まって、情緒的でかっこいいステップもとてもよかった!春関(はSPでしたが)、東京B、この東インカレとだんだん良くなってきているようにお見受けしてからの「楽しく滑れました!」「安心して観てもらえるようになるその日までお願いします」というツイートに勝手に嬉しくなりました。fallありつつ点数ものびてますしね!最後、深いお辞儀が印象的でした。

 1年前に初めて拝見したシルクドソレイユのこのお衣裳ですが、きっと一生忘れられないだろうなあ。素敵でした。

 

 

 ローカルデビューから1年ですが、驚異の動体視力の悪さも相まって全く成長できていませんでした……。ただやっぱり楽しくマイペースに見られるので好きが募りますね!

 本日のKAWAII大賞は第2Gの皆さん、と言いたいところですがめいじろう係さんだったひでくんに進呈したいと思います(?)

 

 秋から冬にかけての東大和スケートセンター、極寒のうえに客席少ないし床は高確率でびしょ濡れですし場所によっては断続的に水滴落ちてくるしアクリル板傷だらけで見えづら過ぎますけど、でもあの重い扉をあけてなかに一歩踏み入って、一気に自分の吐く息が白くなるのが見えて、あのつめた~い空気に飛び込んだ瞬間の、スケート観に来た~!と全身で感じられるところはすきだなと思いました。

 

 つぎのスケートの予定は東日本!おそらく更新できませんが、みなさんのいい演技が見られるのを楽しみにしたいと思います!